2018年6月21日 クラフト教室・支援報告 第179回

〇日 時:2018年6月21日(木)
〇参加者:12名
〇奉仕者:仙台教会7名、石巻教会1名
〇場 所:石巻福音自由教会

 「折りたたみキルトで作るハンドバッグ2」として5月からの続きです。
今回は、キルテイングを終えた布地をバッグの形に縫い上げて、ファスナーと持ち手を付けて完成となりました。中には、2個目の制作に入っている方もあり、作業の早さに驚かされます。次々と素敵なバッグが出来上って行きました。
嬉しいことに、今回若いご婦人の方が加わってくださいました。ご主人のお仕事(復興事業)の都合で仙台から渡波に引っ越されてきたクリスチャンの方です。参加者の方々にとって、娘のような、孫のような方で、みんなの中に喜びが溢れました。

 チャペル・タイムでは、「アメリカ大陸を腕で歩いて横断した人」ボブ・ウイーランドさんについてお話ししました。彼はベトナム戦争に徴兵され、戦地で地雷を踏み、両足を付け根から失って帰国します。彼はその時のことをこう言っています。「ベトナムのジャングルで、神に見放されたと最初は思った。がやがて、生かされたと思うようになった。それから前向きになった・・・日々生きているのが奇跡だった。」と。彼はこの苦しみを通して神様と共に歩む人生に入り、パワーリフティング、トライアスロン、マラソンへの挑戦。そして貧しい人々のために寄付を募りながら、アメリカ大陸横断に挑戦します。多くの困難を乗り越えて、3年8ヶ月を費やして、とうとうゴールします。「これまでもこれからも、私は主イエス・キリストともに生きていく。主を思うと自然に力がわいてくる。」と証ししています。

 7年前の大きな苦難を乗り越えて新たな生活を始められた方々も、今また様々な困難に直面しておられます。どうか、この主に出会い主とともに歩んで行って頂きたい。そして主からどんな困難をも乗り越える力を与えられてほしいと心から願っています。

「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。」
ピリピ4:13

 いつもこの働きを覚えて祈っていただいていますこと、また皆様方の心のこもったご支援に支られていますことを心から感謝申し上げます。
引き続き、女川、石巻の方々の救いのために、また奉仕者のためにお祈りください。
よろしくお願い致します。
(吉田真知子)