2019年6月6日 クラフト教室・支援報告 第189回

・日時:2019年6月6日
・参加者:11名
・奉仕者:仙台教会5名、石巻教会1名

「お薬手帳カバ- (2)」製作

チャペルタイム
「6000人の命を救った外交官」
賛美:「主イエスの愛は」

今月も先月に引き続き、製作は「お薬手帳カバ-」です。

いよいよ、内ポケットを作り、おしゃれなレ-スのファスナ-を付けて、仕上げのパイピングです。そして、可愛いお花の飾りボタンをつけたタブを取り付けると完成です。
診察カ-ドも収納できる素敵なカバ-は,きっと病院通いのお供になることでしょう。
今日のチャペルタイムは、皆さんに鉛筆が配られ、何やら「中間テスト💦」という声も。
毎回、賛美曲と、みことば( すてきな季節の花のイラスト入り )が印刷された紙が配られるのですが、今月は先月と同じみことばで、第Ⅱコリント13章13節。「こういうわけで、いつまでも残るのは〇〇と〇〇と〇、これら三つです。その中で一番すぐれているのは〇です。」でした。この〇の中に「信仰」「希望」「愛」をそれぞれが鉛筆で記入しました。
読む、耳で聞く、だけでなく実際に書いてみることは、心に残るのだな…と思いました。

お話しは、第二次世界大戦下のリトアニア日本領事館員杉原千畝氏についてでした。
彼は、ポ-ランドからナチスのユダヤ人大虐殺を逃れてきたユダヤ人難民たちの最後の脱出ル-ト( シベリアから日本経由の米国入国 ) に必要な日本通過ビザを、本国の意向に反して発給し続けた外交官です。ハリストス正教会のクリスチャンでもあった彼が、苦しみ悩んだ末に出した結論は「ビザを出さなかったら、神に背くことだ。私は自分の責任において明日から発行する」でした。そして、たった一人の領事館員だった彼は、朝から夜遅くまで一日に百枚以上ものビザを、ひたすらキリストにある人道愛に燃えて書き続けたのです。
ソ連軍のリトアニア併合にともない、ベルリン退去命令が出された後も、汽車が走り出すギリギリまで、窓から身を乗り出して書き続けました。この時、杉原一人が書いたビザは2139通で、家族兼用の旅券所持者も含めると、約6000人に上ると言われています。
杉原がビザを書いてから28年後の1968年、イスラエル大使館の参事官ニシュリから面会を求められ、出向いた彼にニシュリが見せたのは、ボロボロになった一枚のビザでした。そして、翌年、彼はイスラエルに招かれ、イスラエル政府より「諸国民の中の正義の人賞」を日本人として初めて授与されました。
このことが報道された時、彼はただ一言「当然のことをしただけです。」と謙遜に語りました。神の愛に裏打ちされた勇気と犠牲の行動に、クラフト教室の皆さんも、うなずきながら耳を傾けておられました。

 

 

 

 

2019年5月16日 クラフト教室・支援報告 第188回

・日時:2019年5月16日
・参加者:10名
・奉仕者:仙台教会4名、石巻教会1名

「おくすり手帳カバ- (1)」製作

チャペルタイム

「マザ-・テレサの生涯」
賛美:「主イエスの愛は」

今月と来月の製作は「お薬手帳カバ-」です。
皆さん、病院と仲良くの世代ですから、お薬手帳や診察券がひとまとめに収納できるおしゃれなカバ-に笑顔で手を動かしておられました。
チャペルタイムでは、有名な「マザ-・テレサ」の生涯をたどりました。
マケドニアで生まれ、18歳で献身しインドに渡った少女は36歳で神様の召しの声を聞き、最も貧しい人に仕える修道会『神の愛の宣教者会』を設立、さらにホスピス『死を待つ人の家』を開設、その生涯すべてを貧しき人々のために捧げて働きました。
1979年にはノ-ベル平和賞を授与されましたが、その壇上で「食べ物や着る者がない貧しいひとは世界中にたくさんいます。けれども、もっと惨めなのは、自分が誰からも愛されていない、必要とされていないと思う貧しさです。~ 」と語りました。
歳を重ね、重い心臓病で入院もした彼女を心配する人々に、決まって「天国に行ってからゆっくり休みます」と答え、世界中を回って神様の仕事を続け、やがて天国に旅立ちました。
貧しい人に仕え続けた彼女の生涯を支えたのは、貧しい家畜小屋でお生まれになった主イエス様の愛でした。どうぞクラフト教室の皆さんのためにお祈りください。

2019年3月14日 クラフト教室・支援報告 第186回

・日 時:3月14日
・参加者:10名
・奉仕者:仙台教会6名 石巻教会1名

3月のクラフト教室は、「ワイヤーポーチ」を作りました。苺とグリーンの生地が苺畑を思わせる可愛らしいポーチです。口金の芯に専用のワイヤーを入れる自立型となっています。もう少しで完成でしたが、仕上げは来月ということになりました。
縫いながらのお話の中心は、やはりちょうど8年前の3・11の震災当日のことでした。家も車も何もかも大津波に流されて行く様子、そして避難所での生活を、昨日のことのように、淡々と語ってくださいます。今、8年の歳月が流れ、ようやく平穏な日常が戻って来たところです。お話しくださることによって、少しでも、心の重荷を降ろしてくださったらと祈りつつ聞かせて頂きました。
チャペルタイムでは、森永製菓の創業者「森永太一郎」についてお話しました。寂しい幼少期を過ごした彼でしたが、19歳の時に一流の商人になろうと渡米しました。しかし、うまく行かず、すべてを失って失意のうちに公園のベンチに一人座っていた時、見ず知らずの婦人が差し出した1粒のキャンデーが彼の人生を変えたのでした。その美味しさに魅了された彼は菓子職人になろうと決心しました。また、差別に会いながら孤独の中で一人修行をする彼を支えたのはクリスチャンの老夫婦でした。太一郎は間もなく教会に集うようになり洗礼を受けました。そして、いくつもの挫折を通りながらも「森永製菓株式会社」を設立しました。すべてを失った時に出会ったキャンデーと聖書。それが彼の人生を変えて行ったのです。神様は愛するものを決して見捨てない、見放さない・・・クラフト教室に集まってくださる方々も人生の舵を大きく切ってイエス様のもとに帰って頂きたいと切に願いました。
厳しかった冬の間も守られてようやく春がやって来ました。これまでこの働きのために、いつもお祈りくださりご支援くださる兄姉に心から感謝致します。集われている方々の救いのために、準備に当たる奉仕者のために引き続きお祈りを頂けましたら幸いです。感謝しつつ。

仙台福音自由教会
吉田真知子

  

2019年1月17日&2月21日 クラフト教室・支援報告 第184回&第185回

・参加者:1月17日:13名  2月21日:12名
・奉仕者:仙台教会7名 石巻教会 1名

1月のクラフト教室では、「お花の巾着袋」の一回目でした。新春にふさわしいピンクまたは薄紫の小花の可愛らしい巾着袋です。まず巾着の土台部分そして5枚の花びらを作りました。
2月は、「お花の巾着袋」の仕上げです。花びら5枚と土台となる部分を縫い合わせ、組み立てて行きました。最後にひもを通して可愛い巾着袋の出来上がりです。皆さん、順調に仕上げて、後の時間はゆっくりとおしゃべりタイムとなりました。
チャペルタイムでは、株式会社ライオンの創始者小林富治郎についてお話ししました。事業に失敗し、進退窮まった彼は、北上川の橋の上から身を投げようとしたその瞬間、稲妻のように御言葉がひらめいたのでした。
「およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。」(ヘブル12:11)
これはかつて受洗した神戸の教会の長田牧師が送ってくれた御言葉でした。「そうか、この試練は私を鍛え、成長させるためのものなのか。」と御言葉を受け取り、自殺を思いとどまったのでした。そして再び事業に取り組む勇気を奮い起こし、東京で新たな事業を始め、それがライオンへと発展したということでした。成功後、彼は、積極的に慈善事業を展開し、岡山孤児院などの開設に力を尽くしました。
聖書は神様から人間に宛てられた手紙。励ましや慰め、生きる力また人生の指針を与えてくれる「奇跡の書物」です。聖書の言葉を受け取り、自分自身に当てはめるなら必ず力が与えられ、どんな試練も乗り越えることができるとお伝えしました。お一人ひとりの日々の歩みが、神様によって守られ、平安と希望に満ちたものとなりますように。
厳しかった冬の間も守られてこの働きを続けることできました。いつもお祈りくださりご支援くださる兄姉に心から感謝致します。集われている方々の救いのために、準備に当たる奉仕者のために引き続きお祈りください。感謝しつつ。

 仙台福音自由教会
吉田真知子

              

2018年12月6日 クラフト教室・支援報告 第183回

〇日 時:2018年12月6日(木)
〇参加者:11名
〇奉仕者:仙台教会5名、石巻教会2名
〇場 所:石巻福音自由教会

 12月のクラフト教室では、「クリスマス会」を行いました。
初めに「重ね星のクリスマス飾り」を作りました。9センチ28枚の正方形のプリント生地を折りたたんで土台の生地に縫い付けて行きます。細かい作業ですがおしゃべりしながら、楽しく縫い進めて行きました。赤、緑、白の鮮やかなクリスマスカラーがそれぞれのお家のクリスマスを盛り上げてくれることでしょう。
その後「きよしこのよる」を賛美し、クリスマスストーリーのDVDを見て頂きながら、クリスマスの本当の意味をお話しました。罪に苦しむ人間を救うために、この世界に神のひとり子イエス様を送ってくださった神様と、その愛を知って頂きたいと、心から願いお話させて頂きました。それはほかならぬ「あなたのため」にと。
昼食は、手作りの鮭のお寿司ご飯とお吸い物、イチゴのショート・ケーキです。楽しくおしゃべりして、お腹も心もいっぱいになって、主の恵みの内にクラフト教室のクリスマス会が無事終わりました。
いつもこの働きのために、お祈りくださりご支援くださって、本当にありがとうございます。新しい年も、神様の愛と力を頂いて、この働きを進めて行けますようにお祈り頂けましたら幸いです。
皆様の上にも、神様の祝福が豊かに注がれますように。感謝しつつ。

 仙台福音自由教会
吉田真知子

          

2018年10月4日 クラフト教室・支援報告 第182回

 
〇日 時:2018年10月4日(木)
〇参加者:9名
〇奉仕者:仙台教会6名、石巻教会2名
〇場 所:石巻福音自由教会

 今日は、先月の続きで、「めがねケース」の第2回目となりました。表側のキルテイングの宿題を終わって、内側に当たるところを作って行きました。約2時間を使って、おしゃれなめがねケースが出来上がりました。細かい手仕事です。皆さん、いつもよりおしゃべりも少なく、集中して取り組んでおられるようでした。温かい空気の中で、ゆったりとした時間が過ぎて行きました。
チャペルタイムでは、「聖書を読んだサムライたち 龍馬をめぐる五人の男たち」というDVDを見ていただきました。激動の時代を生き歴史を動かした志士たち。
彼らの生き方に大きな影響を与えたのは、意外にも聖書だったということで、今日は第一回目「勝海舟」。歴史上、よく知られている人物が聖書の影響を受けて、聖書の教えを日本の近代化の大きな指針として行ったということで、神の言葉である聖書に関心を持っていただけたらと願っています。教室が終わって教会を後にする、参加者の皆さんのにこやかな笑顔がとても印象的でした。

 「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です」詩篇119:105

 いつもこの働きのためにお祈りとご支援をいただき心から感謝致します。
吉田真知子

      

2018年9月6日 クラフト教室・支援報告 第181回

〇日 時:2018年9月6日(木)
〇テーマ:「めがねケース(1)」
〇参加者:11名
〇奉仕者:仙台教会6名、石巻教会1名
〇場 所:石巻福音自由教会

 今回はパッチワークで「めがねケース」を作ります。パッチワークの中でも、アップリケという技法に取り組みました。ブドウの葉1枚と1房の実です。とても細かい作業なのでちょっと苦戦しましたが、スタッフの助けをもらって無事出来上がりました。後は、本体にパッチワークキルトを施すだけとなり、それは次回までの宿題です。

 チャペルタイムでは、私の母についてお話しさせて頂きました。母は2か月程前、3年間の闘病の後、主の御元に召されて行きました。小さな時から神様を求めて教会に通っていましたが、戦争や結婚などの諸事情で行けなくなりました。でも、神様は母のことを忘れてはいませんでした。折々に聖書に触れさせ、晩年、2年間の闘病を経て、病床洗礼に導いてくださいました。そして、その1年後、静かに天に召されて行きました。チャペルタイムの最後に、みんなで聖歌688「あおいそらより」を、私たちの故郷である天国を思いながら賛美しました。
 
クラフト教室のメンバーのおひとりが、病に倒れたという知らせを聞きました。いつも熱心にメッセージに耳を傾けてくださっていた方です。一日も早く快方に向かわれてもう一度教室に戻ってきて頂きたいと願っています。どうか神様の癒しの御業がなされますように。

 今月もクラフト教室が守られたことを感謝致します。いつもこの小さな働きのためにお祈りくださりご支援くださって本当にありがとうございます。神様の祝福が豊かにありますように。

 吉田真知子

      

2018年7月19日 クラフト教室・支援報告 第180回

〇日 時:2018年7月19日(木)
〇参加者:15名
〇奉仕者:仙台教会7名、石巻教会1名、宣教師1名
〇場 所:石巻福音自由教会

 主の御名を賛美します。
連日の真夏日が続いている中、石巻教会でのクラフト教室も4回目となりました。今回は都合により真知子姉が不在でしたので、K兄が運転して下さいました。私も久しぶりに参加させていただきました。当日はいつものように9時半頃石巻教会に到着しました。すでに4名の方々が集まって下さいましたが、体の不調や各々都合があって5名の方々がお休みされるということでした。
今回のクラフトの内容は短時間で出来る『キャンディーポーチ』です。彩りの美しい布地で作るものでとても可愛らしく2~3個作ってプレゼントするにはピッタリの小物です。皆さんは手を動かしながら、おしゃべりも楽しそうにしておられました。
続いてチャペルタイム。まず『主われを愛す』を手話を交えて賛美し、体をほぐしていただきました。今回は高橋師がメッセージをして下さいました。お父様が79才で召されるまでのお話をして下さいました。その時、お父さんに「いずれ、私(高橋師)も天の御国に住きますから、先に往って御国で待っていて下さい。」と、また、「お父さんの人生には様々な辛いことや悲しみの度に流された涙も、神様はすべて覚えて下さっているよ。」と、静かに語られました。

『神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。』(黙示録7:17b)

 それからティータイム。各テーブルに4~5名でしたので、お茶をいただきながら1時間位ゆったりとした中で交わりの時となりました。その中でSさんは西日本豪雨の被災の映像を見ていたら、3・11の震災当時の自分たちの状況と重なって見えて辛かったと心境を話してくださいました。「あの時、津波が来て家も車も何もかも流されてしまったけれど、みんなが同じように大変だったからね。」さらに、Sさんは義母様の介護することも自分の為にしてきたことで、それも家族として当然のことと語って下さいました。
今になって思うことは、震災は悪いことばかりではないこともあって、却って以前の狭い地域でもしがらみや縛りがとれて何にも束縛されないという解放感さえ、私は感じていると、さっぱりした表情で心の思いを打ち明けて下さいました。本当に石巻教会が石巻の方々の心の拠り所となっていることを感謝致します。
深澤まり子

      

2018年6月21日 クラフト教室・支援報告 第179回

〇日 時:2018年6月21日(木)
〇参加者:12名
〇奉仕者:仙台教会7名、石巻教会1名
〇場 所:石巻福音自由教会

 「折りたたみキルトで作るハンドバッグ2」として5月からの続きです。
今回は、キルテイングを終えた布地をバッグの形に縫い上げて、ファスナーと持ち手を付けて完成となりました。中には、2個目の制作に入っている方もあり、作業の早さに驚かされます。次々と素敵なバッグが出来上って行きました。
嬉しいことに、今回若いご婦人の方が加わってくださいました。ご主人のお仕事(復興事業)の都合で仙台から渡波に引っ越されてきたクリスチャンの方です。参加者の方々にとって、娘のような、孫のような方で、みんなの中に喜びが溢れました。

 チャペル・タイムでは、「アメリカ大陸を腕で歩いて横断した人」ボブ・ウイーランドさんについてお話ししました。彼はベトナム戦争に徴兵され、戦地で地雷を踏み、両足を付け根から失って帰国します。彼はその時のことをこう言っています。「ベトナムのジャングルで、神に見放されたと最初は思った。がやがて、生かされたと思うようになった。それから前向きになった・・・日々生きているのが奇跡だった。」と。彼はこの苦しみを通して神様と共に歩む人生に入り、パワーリフティング、トライアスロン、マラソンへの挑戦。そして貧しい人々のために寄付を募りながら、アメリカ大陸横断に挑戦します。多くの困難を乗り越えて、3年8ヶ月を費やして、とうとうゴールします。「これまでもこれからも、私は主イエス・キリストともに生きていく。主を思うと自然に力がわいてくる。」と証ししています。

 7年前の大きな苦難を乗り越えて新たな生活を始められた方々も、今また様々な困難に直面しておられます。どうか、この主に出会い主とともに歩んで行って頂きたい。そして主からどんな困難をも乗り越える力を与えられてほしいと心から願っています。

「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。」
ピリピ4:13

 いつもこの働きを覚えて祈っていただいていますこと、また皆様方の心のこもったご支援に支られていますことを心から感謝申し上げます。
引き続き、女川、石巻の方々の救いのために、また奉仕者のためにお祈りください。
よろしくお願い致します。
(吉田真知子)