牧師コラム 『赦 し』 2018年12月30日

 牧師 高橋勝義  

 今年も残り2日です。あなたにとって、今年はどんな年だったでしょうか?
 楽しかったこと、その反対に腹立たしいこともあったことでしょう。
 イエス・キリストは、『一日に七回あなたに対して罪を犯しても、七回あなたのところに来て『悔い改めます』と言うなら、赦しなさい。(ルカ17:4)』と語っています。
 人との関わりの中で生きている私たちは、多少の差はあっても、人間関係でつまずいた経験が必ずあるはずです。しかし、誰かをつまずかせたことよりも、自分が傷つき、つまずいたことの方をよく覚えているものです。その時の心の状態を思うと、苦々しさが湧いてきて、とても「赦す」ことなど考えられません。
 それなのに、イエス・キリストは、「赦しなさい」と命じておられます。
 イエス・キリストは、全く罪のないお方であるのに、十字架刑を受けました。そして、今まさに、息を引き取ろうとしているその瞬間『父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。(ルカ23:34)』と言われました。
 『彼ら』とは、愛の神から離れ、自分中心に生きている私たち自身のことをも言われたのですが、『彼ら(私たち)は自分がどんな歩みをしているのか、全く分からないまま生活しているのです。』ととりなしてくださったのです。
 イエス・キリストの十字架は、自分中心に生きてきた罪を認め、『ごめんなさい』と悔い改めた者に、赦しの道、新しい人生へと導いてくださるのです。
 あなたは、憎しみと恨みを残したまま年を越しますか?
 十字架の赦しを受け取り、神の助けによって自らも赦す人生へと歩んではいかがでしょうか…。