牧師コラム 『弟子の道』 2018年11月4日

 牧師 高橋勝義  

 学問や技能などを伝授する側が「師」、伝授される側が「弟子」です。
 イエス・キリストは、『わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分のいのちまでも憎まないなら、わたしの弟子になることはできません。自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません。(ルカの福音書1426,27)』と語りました。
 イエス・キリストは、大切なものであっても手放さなければ、弟子になれないと言われたのです。
大切なものを手放しても惜しくないものとは、何でしょうか?
 神のひとり子イエス・キリストは、人を滅びに向かわせている罪があること、その滅びから救うために、私たちの罪を身代わりに負い、十字架の上で死なれました。
 私たちが、この事実を受け取り自らの罪を認め、イエス・キリストを罪からの救い主として信じると、永遠のいのちが与えられ、滅びから救われるのです。
 この救いの恵みを頂いたすべての者に、キリストは、ご自分がいのちを惜しまずに献げたように、本気でわたしに従う、弟子になるのかと問うているのです。
 なぜなら、弟子に、この素晴らしい救いの福音を託そうとしているからです。
 弟子が人々に伝授することは、この救いの福音を宣べ伝えることです。
 また、弟子の道は、自分の力で努力して頑張るのではなく、むしろ、自分の無力さを知り、その無力さを認め、神の力に頼って生きることなのです。
 キリストを信じるすべて者に、神は、助け主(聖霊なる神)を信じる者の内に住まわせて、弟子の道を歩めるように励まし、助け、導いて下さるのです。