牧師コラム 『まことの神の愛』 2018年5月13日

 牧師 高橋勝義  

 今日は「母の日」です。
これはアメリカ南北戦争後、夫や子どもを戦場に送る事を拒否しようとおこった平和運動の「母の日宣言」が起源となっています。
 この運動を引き継いだアン・ジャービスの娘アンナが、母を偲び、また世の母親すべてを敬う日として、通っていた教会で1908年の5月第二日曜日に「母の日」の式典を行ないました。
娘アンナはその式典で母の好きだった白いカ-ネ-ションを参列者に配り、やがてそれは全国的な記念日と広がり、カ-ネ-ションは「母の日」のシンボルになったのです。
我が子を思う母の愛に感謝をする日が「母の日」です。

 ところで、聖書は、『私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめのささげ物としての御子(イエス・キリスト)を遣わされました。ここに愛があるのです。(Ⅰヨハネ410)』と私たちに語りかけています。
 イエス・キリストご自身も『だれも、わたしからいのちを取りません。わたしが自分からいのちを捨てるのです。(ヨハネ10:18)』と語っています。
 私たちの心の中にある「憎しみ・恨み・妬み・嫉妬・怒りなど」が、人間関係を壊し、自分自身をも傷つけているのです。これらは、私たちを造られたまことの神から離れ、背を向けて歩んでいる罪によってもたらされているのです。
 今から2000年前、イエス・キリストはあなたを罪から救い出すために、あなたのすべての罪を身代わりに負い、ご自身のいのちを捨て、十字架の上で死なれたのです。
 それは、あなたを愛しているからです。
 いのちを捨てて下さったイエス・キリスの愛に感謝しましょう。