牧師コラム 『祈 り』 2018年5月6日

 牧師 高橋勝義  

 誰でも一度ならず祈った経験が、あるのではないでしょうか…。
 今日の聖書箇所は、イエス・キリストが弟子たちに祈りを教えられたところです。
 まず、最初に、最も重要なことは、祈り願うお方です。
 そのお方とは、私たちを造られたまことの神です。そのお方と共に歩む時、人は正しい歩みが出来るようになるのです。ですから、毎日の生活の中で、まことの神をほめたたえ、感謝と敬愛の心をもって祈るようにと教えられました。
 次に、日ごとの糧を毎日お与えくださいと、祈りなさいと教えられました。
 それは、まことの神が、私たちの日々の暮らしに必要なものを全て備えてくださるからです。毎日の食事を始め、日ごとの恵みは当たり前のことではなく、私たちを愛しておられる神がくださるものなのです。
 更に、自らの罪の悔い改めと、人を赦せるように、また試みから守られるように、祈りなさいと教えられました。
 なぜなら、まことの神の前に、自分の罪を認め、悔い改める時、神はイエス・キリストの十字架のゆえに、すべての罪を赦してくださるからです。
 神との関係が正されると、人間関係も回復するのです。自分の力では赦すことが出来なくても、心の中におられる聖霊の助けによって赦すことが出来るのです。
間の親には限界がありますが、まことの神には限界がありません。
 その神を自分の父と呼び、祈るようにイエス・キリストは教えているのです。
 あなたも「天のお父さん!」と祈ってみませんか…。