2017年11月16日 パイパス東仮設支援 第172回

 日時:2017年11月16日(木)
場所:バイパス東仮設
参加者:12名
奉仕者:仙台教会:7名、 石巻教会:1名

 前日の天気予報は、雪でしたが、石巻に近づく頃は、雲の間から時折太陽がのぞいていました。穏やかな秋の一日です。
 
今回は「ポシェット」の第2回目。肩ひもを通すDカン、口のファスナーを縫い付け、内袋を本体に縫い付けて、出来上がりです。ちょっとしたお出かけの時に使いたい、とてもおしゃれで素敵なポシェットです。仕上がった方から順に、記念撮影となりました。がんばった皆さんの笑顔が輝いていました。

 コーヒータイムの後のチャペルタイムでは、クリスチャン作家「三浦綾子」についてお話ししました。綾子さんは、ご自分でこう書かれています。
「私は時折、もし私が聖書を知らなかったとしたら、今頃どんな生活をしているだろうかと思う。戦争中に小学校の教師であった私は、敗戦を迎えて、ひどく虚無的な、懐疑的な人間になった。その私を敗戦後7年目にして変えたのは聖書であった。『あなたひとりのためにでも、キリストはあなたの罪を背負って、十字架にかかって下さったでしょう。』とある伝道師が言ったとき、私は戦慄にも似た激しい感動を受けた。この自分のために死んでくれた人がいた、というそのことが肌身にしみてわかったのである。」すべての罪を赦してくださる十字架の愛を知った綾子さんは、変えられ、ひとりでも多くに人に聖書の言葉を伝えるために、小説を書き始めました。たくさんの作品を執筆されましたが、読者の中から、信仰を得る方が多く起こされています。このように人生を大きく変えることができる神の御言葉、神の愛にぜひ触れていただきたいと祈りつつ語らせていただきました。

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちをもつためである。」   ヨハネ3:16
 
今日も皆様のお祈りとご支援に支えられて、神様の御言葉をお伝えできたことを心から感謝いたします。 
 
吉田真知子